PAGE TOP

2022.06.01 1Point Learning

“昇進&役職”いい加減に決めてませんか?

 

働かないオジサンは、あなたの周りにいませんか?

男女問わず、相当数 存在するはずです。

 

コンサルティング現場で、クライアント企業幹部が、

「先日採用した中途入社のスタッフに、『〇〇さんは、なぜ部長なんですか?△△さんは、なぜ課長なんですか?』って質問されたんですよ。まったく入ったばかりで非常識な奴ですよ。」

と仰っていました。

 

ですが、この中途採用の社員、今の社会では、非常識でも何でもありません。

「本当に何故?」そう思って質問しているんです。

 

企業や組織において、

1. 部長は、何故、部長なのか?

2. 何が、どの程度できるから、部長になれたのか?

3. 部長は、どのような責任を負っているのか?

これらを明確にしておく必要があります。

 

多くの企業や組織には

1. 何故、こんなこともできないのに、部長なのか?

2. どうしてこんな幼い考え方や、狭い視野なのに部長なのか?

3. 部下の育成どころか、部下の基本把握もできていないのに、何故役職が付いているのか?

このような役職者が多くいます。

 

理由は簡単です。

昇進に必要な項目や、役職やポジションの定義が、明確に定められていなかったり、定められていたとしても、内容に偏りがあったり名目だけであったりで、実際は、昇進させて役職に付けるべき適任者がいないため、役職やポジションに必要な実績や適性はないが、組織の体を成すために勤務歴の長い者をポジションに据えているだけ、というケースが非常に多いためです。

 

  • 「〇〇も勤続何年だし、ソロソロ課長にしていいんじゃないか?」
  • 「〇〇と同期の△△も課長だし、バランスを取って◇◇も課長にしようか…」

このような根拠なきバランス調整型の人事が行われるせいで、外部から中途入社した社員から、「何故、〇〇さんは部長なんですか?」等と、失礼に感じる直球の質問をされてしまうんです。

 

恐らく、その中途入社社員の本音は

  • 「〇〇さんは、仕事もできないし、上司としての務めも果たしていないのに、何故部長なんですか?」です。

 

このようなケースは、中途入社した社員だけでなく、プロパーであっても、優秀な社員が自身の将来に希望を感じられずに退職を考えたり、「ただ勤続年数が長くなれば、自動的にある程度ポジションも上がり、賃金も増えるだろう」と考え、努力や積極性の足りない省エネモードで勤務する「働かないオジサン」を作る原因となります

 

昇進や役職者の定義は、しっかりと考えて定め、

かつ、それを明確に組織内に周知することで、昇進やポジションに就任した本人も、その後、緊張感をもってポジションにふさわしい勤務をするようになります。このことが、会社や組織の継続的な発展に繋がります。

 

そうはいっても、昇進や役職者の定義をどのように定めればよいのか?分からない。

そのような場合は、ご相談ください。

あなたの組織にマッチした定義や制度の構築をお手伝い致します。

 

(人材育成・組織構築について : お問い合わせはこちらから)