PAGE TOP

2022.05.26 1Point Learning

社員を成長させたいなら“昇進人事”を最大限 活用しましょう

 

昇進や昇給だけで、従業員がやる気を出したり、忠誠心が高まったりすると思っていませんか?

答えは、NOです。多くの会社や組織で、昇進や昇給について冷ややかな反応をする従業員が増えています。

昇給しても「たったこれだけしか増えない」、昇進させても「役職が上がったから手間・面倒が増える」等、放っておくと、ネガティブな捉え方をする従業員のせいで、職場に「冷めた空気」が蔓延し、定着してしまいます。

 

  1. 評価している部分(①取り組み面 ②実績面)
  2. 今後、更に伸ばして欲しいと考えている部分

を本人に明確に伝え、貢献や実績を称え、更なる期待についてもハッキリと伝え、昇進においては、ささやかであっても式典を実施すれば、効果はより大きくなります。

 

昇進も昇給も、実績・功績・今後に向けての期待値があってこそのもので、経営者や組織が「功績と期待値のある人材である」と認めた証拠であることを、当人にも組織内にも周知することが必要です。そうすることで、従業員は、昇進には、価値や名誉があることを理解します。

そんなことイチイチしなくても、皆分かっている…その感覚は間違いです。

従業員が、あなたの組織における昇進に名誉や価値を感じなければ、昇進には一切の価値はないのです。

 

昇進(昇給)には当然、責任も伴いますが、得られるモノも大きいことを組織内に繰り返し周知することは、組織運営上、非常に重要です。

この部分を経営者や幹部が、面倒臭がったり、簡素化したり、省いてしまうと、組織に「冷めた空気」が蔓延し、従業員が、昇進に価値を感じなくなってしまいます。

従業員が、役職やポジションに誇りを感じ、自覚を持つ組織は将来有望です。

 

最後に、もしあなたの会社や組織の役職者が、自身の役職を卑下するような発言をした場合は、個別で呼び出して、理由と共に、今後二度と無いようキチンと注意してください。

それだけで、組織が発展・成長しない原因「冷めた空気の蔓延」を防ぐことができます。

(人材育成・組織構築について : お問い合わせはこちらから)